薬剤師国家試験106回 勉強記録

このアンダーソンには【夢】がある!(ギャングではなく薬剤師です)

薬剤師国家試験研究所 過去問の解き方

薬剤師国家試験を受ける人にとって
必ずやる問題集は

『薬剤師国家試験の過去問』だと思う。


なので、今回は私が使う
過去問の使い方について紹介する。

この記事は

☑️過去問をうまく使えていないなぁ

と思っている受験生向けに書いている。





【使っている過去問】


自分はこの
メディセレの過去問を使っている。


なぜ、この問題集を勧めるのか…


【3つの理由】


✅類似問題が多い

✅記述式の問題も掲載

✅正答率の掲載






薬剤師国家試験は昔は
既出の問題がバンバン出されていたが
今は違う。


根本を理解して
その上で自分で考えないと解けない問題
が出題される。


結局いくら
青色の本を読んだって
オレンジの本を読んだって
虹色の本を読んだって、

出題されない範囲を読んでも
意味がない。

それこそ時間の無駄である。


このブログでは180日弱で
薬剤師国家試験に合格するという事を
掲げているので、
1秒たりとも無駄にできない。




【過去問の使い方 6個のポイント】

✅白紙の紙に解いていく

✅答えはその日にやる範囲終わってから

✅間違った問題に付箋を貼る

✅とりあえずやった分全て丸つけ

✅丸つけ後に正答率が
60%以上の問題で間違った問題の解き直し

✅解き直し終わった後に類似問題を解く


【ダメな使い方🙅‍♂️】


☑️一問ごとに答え合わせ

こーゆー人がいるがそんなことしていたら
時間がいくらあっても足りない。


答え合わせして

・できない問題
・わからない問題

だけ理解し、覚えればいいのだ。

これで1秒も無駄する事なく
この問題集を、使える。




覚えるべき事を覚えて
考えれば答えはでるのだから。



自分達には時間が無いことを
常々頭の片隅に置いて勉強をする。



そう!
このアンダーソン-mには夢がある!!




にほんブログ村 にほんブログ村へ
にほんブログ村